スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くまモンにネットイジメ疑惑浮上 問われる担当者の資質

 全国的に広まる“ゆるキャラ”ブームの中で、今、最も勢いがあるのは熊本県営業部長のくまモンだろう。
去年のゆるキャラグランプリで1位を獲得し、関連商品の売り上げは数十億円に達するなど破竹の勢いだ。
元祖ゆるキャラ、ひこにゃんが、原作者との権利問題で裁判を続けているなか、全国にファンを増やしてきた。

 そんなくまモンに、ネットイジメの疑惑が浮上している。くまモンのツイッター担当の男性職員(37)が、
くまモンが広報活動に活用しているツイッターを悪用して、特定の人間のデマを流布して嫌がらせをしたり、
女性につきまとったりしていたというのである。

 ゆるキャラのツイッター関連の不祥事といえば、北海道長万部町のまんべくんが、ツイッターでの政治的な
発言をきっかけにして、活動を自粛する騒動が起きたのも記憶に新しい。担当者の資質に問題があったと
言わざるをえない。
 
 くまモンのツイッターは、6月に、セクハラや自殺などに関連した他者のツイートをRTされるという乗っ取り
被害にあってアカウント変更を経ている。今回、浮上したネットイジメ問題とも何らかの関係がありそうだ。

 熊本県は、アカウント乗っ取りの原因について明らかにしていない。この件について疑念を抱いた人に対して
シカトするなど、箝口令をしいているようである。何か後ろめたいことでもあるのだろう。全国のくまモンファン
ばかりではなく、県民の信頼をも裏切っている熊本県は、一刻も早く説明責任を果たすべきだ。
スポンサーサイト
くまモングッズも楽天市場

ネット通販でも くまモン グッズ!
カウンター設置しました。(1/10)
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。